今夜は風俗行き放題

風俗の限界はないんです。だからこそです

風俗には限界なんてないんです。だから自分の思っていることをすべて吐き出すことが出来るんじゃないかなって思っていますけどね。特に思うのは、風俗っていろいろな人が活用していますけど、その中でも圧倒的というか、やっぱり面白いなって思うのは女の子が多いので、誰を指名するかによって同じジャンルの風俗であっても全然違う展開になることさえ珍しくないんですよね。これって風俗だけの特徴と言っても良いんじゃないですかね。他のジャンルだとさすがにそこまでじゃないと思うんですよ。誰を指名してもある程度は同じものになると思うんですけど、風俗だけは女の子によって全く違う展開になると言っても過言ではないだけに、自分でも限界を決めずに自分が楽しみたいように楽しむってスタンスを忘れないようにしています。限界を決めてしまうと、結局は本当はもっともっと楽しめることを自分で諦めているようなものじゃないですか。さすがにそれは勿体ないですしね。

疲労を残さないようにするために

風俗が楽しいのは紛れもない事実なんですけど、次の日のことも考慮しないとなとは思っています。その解決方法としては、風俗を休前日に利用するか、あるいはあまり疲れないよう楽しむかですね。どちらも上手く活用していますけど、個人的には疲れないようにって気持ちで遊ぶことが多いですね。だからソープはあまり利用しません。ソープを楽しむのは休前日くらいなものですね(笑)その日だけはソープに限らず、ほかの風俗でも次の日のことを考える必要が無いので、どれだけ疲れても問題ないじゃないですか(笑)でも休前日だけじゃなく、本当に急に風俗を楽しもうって思う時もあるので、そんな時にはソープではなく、ピンサロとか性感マッサージのように自分は受け身で楽しめるものにしています。特に疲れるようなこともなく、しっかりと絶頂まで導いてもらえるのでそれだけで十分です。むしろそれによって自分の中で風俗をいつでも楽しめるっていう安心感が支配してくれているんです。